同志社大学 良心学研究センター

研究活動

同志社大学 良心学研究センター > 研究活動 > 公開シンポジウム「なぜ研究倫理教育が必要なのか」

公開シンポジウム「なぜ研究倫理教育が必要なのか」

日時:
2020年05月19日(火)16:40-18:40
場所:
同志社大学 京田辺キャンパス 言館

講師

黒木登志夫(東京大学 名誉教授、岐阜大学 名誉教授、日本学術振興会 学術システム研究センター顧問)

司会

小原克博(神学部教授、良心学研究センター長)

コメンテーター

廣安知之(生命医科学部 教授)、後藤琢也(理工学部 教授)

※新型コロナウィルスの状況によっては、日程変更の可能性がありますが、その際には良心学研究センターHPにてお知らせいたします。

※入場無料、事前申し込み不要

良心学研究センターは、現代世界における「良心」を考察し、その応用可能性・実践可能性を探求することを通じて、学際的な研究領域として「良心学」を構築し、さらにその成果を国内外に発信し、新たな学術コミュニティを形成することを目的としています。