同志社大学 良心学研究センター

研究活動

同志社大学 良心学研究センター > 研究活動 > 公開シンポジウム「良心学を語る──学際研究における方法論的探求」

公開シンポジウム「良心学を語る──学際研究における方法論的探求」

日時:
2017年09月29日(金)16:40 - 19:00
場所:
同志社大学 今出川キャンパス 同志社礼拝堂

パネリスト

小原克博(同志社大学 神学部 教授、良心学研究センター長)

中村信博(同志社女子大学 学芸学部 教授)

下楠昌哉(同志社大学 文学部 教授)

木原活信(社会学部 教授)

和田喜彦(経済学部 教授)

林田 明(理工学部 教授)

武藤 崇(心理学部 教授)

貫名信行(脳科学研究科 教授)

内田 孝(京都新聞社 総合研究所 所長)

伊藤彌彦(同志社大学 法学部 名誉教授)

趣旨

冊子『良心を考えるために』の執筆者が登壇し、執筆の意図を語ると同時に、良心学の「方法論」についての考察を深めていきます。登壇者各自の専門領域から「良心学」にどのようなアプローチや貢献が可能なのか、そして、「良心学」における学際研究から、何を自分の専門領域にフィードバックできるのかを議論します。来場者には『良心を考えるために』を提供します。共に議論に加わっていただくことを期待しています。

※入場無料、事前申し込み不要

良心学研究センターは、現代世界における「良心」を考察し、その応用可能性・実践可能性を探求することを通じて、学際的な研究領域として「良心学」を構築し、さらにその成果を国内外に発信し、新たな学術コミュニティを形成することを目的としています。