同志社大学 良心学研究センター

研究活動

同志社大学 良心学研究センター > 研究活動 > 公開シンポジウム「我等、地(つち)に生きん──持続可能な社会と人間の責任」

公開シンポジウム「我等、地(つち)に生きん──持続可能な社会と人間の責任」

日時:
2018年01月22日(月)16:40-18:40
場所:
同志社大学 今出川キャンパス 同志社礼拝堂

講師

小原克博(同志社大学 神学部 教授、良心学研究センター長)

和田喜彦(同志社大学 経済学部 教授)

コメンテーター

三俣 学(兵庫県立大学 経済学部 教授)

趣旨

上記タイトルの言葉を歌詞に含む「同志社大学歌」は1935年、同志社創立60周年を記念して作られ(作詞・北原白秋、作曲・山田耕筰)、今も入学式や卒業式などで歌い継がれています。北原白秋がどのような考えをもって、この歌詞を考えたのかは必ずしも明らかではありませんが、「地に生きる」を現代社会の課題として受けとめ、このシンポジウムでは「持続可能な社会」のために何ができるのか(すべきなのか)を、宗教や経済学(特にエコロジー経済学)そして「良心」の視点から考えていきます。