同志社大学 良心学研究センター

研究活動

同志社大学 良心学研究センター > 研究活動 > 公開シンポジウム 「サイエンス、キリスト教、そして良心」(神学部、理工学部と共催)

公開シンポジウム 「サイエンス、キリスト教、そして良心」(神学部、理工学部と共催)

日時:
2021年12月04日(土)10:00〜12:00
場所:
Zoomによるオンライン開催 ※申込み方法については後日お知らせします。

講師

有賀誠一

1939 年京都に生まれる。同志社大学工学部卒業。日本、ドイツ、カナダでプラズマ物理学・核融合研究者(理学博士)、心理カウンセラー(心理学博士)、カナダ合同教会の牧師またチャプレンとして働き、カナダで隠退。地元のオーケストラの首席フルーティストとしての活動は続けている。

司会

辻内伸好(理工学部教授)

コメンテーター

林田 明(理工学部教授)

小原克博(神学部教授)

良心学研究センターは、現代世界における「良心」を考察し、その応用可能性・実践可能性を探求することを通じて、学際的な研究領域として「良心学」を構築し、さらにその成果を国内外に発信し、新たな学術コミュニティを形成することを目的としています。